全日本大学駅伝2019関東選考会の出場枠や結果速報は?何大学が本戦出場?

スポーツ
Sponsord Links
スポンサーリンク

学生駅伝で最も注目度が高いカテゴリー、大学駅伝の3大大会の一つが全日本大学駅伝ですよね?

特に激戦区なのが、強豪ひしめく関東選考会です。

秋の出場校はどこになるのか全日本大学駅伝の関東予選の結果や、本戦に出場する大学についてまとめていこうと思います。

 

Sponsored Links

 

 

スポンサーリンク

全日本大学駅伝関東選考会の日程と本戦出場枠は?

まずは全日本大学駅伝の関東選考会の日程と出場枠を確認していきたいと思います。

 

全日本大学駅伝本戦:11月3日

場所:愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮=8区間106・8キロ

 

関東予選会:6月23日(日)

秋の本戦に向けてこの時期からの本戦。

今年の関東大会は出場枠等も非常に厳しいものという事で次に出場枠を見ていきます。

 

昨年は出場枠が8校という事でしたが、本年度は箱根駅伝で8,9位に入って順大と拓大はこの出場枠を免除されています。

今年は昨年の8枠からなんと5枠に出場枠が減少・・・。

早稲田大学などの伝統ある強豪校や、本年度は期待が高まり3大駅伝への初出場を狙う麗澤大などが出場し、この少ない本戦出場枠5枠を狙います。

 

今回関東予選に出場するのは20校。

各チーム2名×4レースで合計8名が1万メートルを走り、その合計タイムの上位5校が全日本大学駅伝出場権利を手にします。

 

全日本大学駅伝本戦出場候補は?

全20校出場する関東予選会ですが、その中でも上位進出が期待される10校を紹介していきます。

下記の通りですが、3レース目までを終えての順位をそのまま見る形になってしまいました・・・。

 

<1>明大

<2>東京国際大

<3>中央学院大

<4>日体大

<5>早大

<6>神奈川大

<7>山梨学院大

<8>中大

<9>日大

<10>大東大

10位まで見るとほとんどが箱根本戦でもおなじみの顔触れになっていますね。

3大駅伝初出場を狙うという麗澤大の名前は残念ながらありませんでした。

やはり関東のチームは強豪が多く激戦必至で全日本では関東の強豪選手を見る機会が少なくなるのは少し寂しい気もします。

 

全日本大学駅伝2019関東予選結果と本戦出場校は?

つづいて関東選考会の結果と、本戦出場校を見ていきたいと思います。

 

関東選考会最終結果

最終結果は以下の通りになりました。

 

<1>東京国際大

<2>明大

<3>早大

<4>日体大

<5>中央学院大

<6>中大

<7>山梨学院大

<8>日大

<9>大東大

<10>神奈川大

<11>東農大

<12>創価大

<13>麗沢大

<14>国士舘大

<15>専大

<16>亜大

<17>駿河台大

<18>上武大

<19>武蔵野学院大

<20>日本薬科大

 

優勝したのは東京国際大学!

トップ通過で全日本大学駅伝初出場を決定つけました!

おめでとうございます。

全日本大学駅伝2019出場校は?

出場校は上位5校という事ですので。

<1>東京国際大

<2>明大

<3>早大

<4>日体大

<5>中央学院大

こちらの5校が全日本大学駅伝に出場することになります。

いずれも名のある強豪校。

初出場の東京国際大学にはぜひ力の限り頑張って欲しいですね!

 

現地まで観戦?に行かれた方は結果発表の速さに驚かれていました。

 

 

 


 

まとめ

今回は全日本大学駅伝2019関東選考会の出場枠や結果速報は?何大学が本戦出場?

ということでまとめてきました。

たった5枠の関東枠、全日本大学駅伝本戦に出場が決まった5校は本戦に向けさらなるレベルアップをしていただければと思います。

 

 

Sponsord Links
スポンサーリンク
スポーツ
gixをフォローする
gix'sblog

コメント