星城高校野球部2019のスタメンや大会成績は?甲子園に行ける強さか?

高校野球2019
Sponsord Links
スポンサーリンク

夏の甲子園を8月に控え、いよいよ各地で甲子園大会出場を目指す、県大会が始まってきましたね。

優勝候補の順当な勝ち上がり、ダークホースの快進撃、意外な試合結果、歴史的スコアの試合など沢山ドラマが起きるかと思います。

 

そんな中、全国屈指の激戦区愛知県大会で早速大番狂わせが起こりましたね!

センバツ優勝校愛知東邦高校が2回戦でコールド負けするというとんでもない試合でした。

春の甲子園で全国制覇を成し遂げただけに夏の愛知県大会でも大本命・甲子園でも優勝候補になるのではないかというチームでしたが、一回の不調が命取りのトーナメントの怖いところが出てしまいましたね。

ただ、運だけで勝てるほど東邦高校の戦力、チーム経験値は簡単なものではありません。

全国制覇を成し遂げプロも注目する石川選手をしたチームを下し、見事大番狂わせを起こした緒愛知県、星城高校。

今回はそんな星城高校野球部2019年のスタメンや、県大会での成績や、このまま甲子園に行ける強さなのかを調査していきたいと思います。

 

Sponsored Links

 

 

スポンサーリンク

星城高校野球部スタメンは?

東邦高校を下したスターティングラインナップを見ていきたいと思います。

 

1.二塁手 近藤 3年生

2.中堅手 宮川 2年生

3.一塁手 坂井田 2年生 愛知尾州ボーイズ

4.右翼手 河田 3年生 愛知名港ボーイズ

5.三塁手 下釜 2年生

6.遊撃手 宇山 3年生

7.捕手  稲吉 3年生 岡崎リトルシニア

8.投手  石黒 3年生 江南市宮田中

9.左翼  神谷 3年生 三河安城リトルシニア

 

といったスターティングラインナップでした。

最終結果は10-3で見事東邦高校を撃破!

石川投手から3発の本塁打を放ち快勝しました。

エースの石黒投手は愛知県でも指折りの投手のようです。

昨日は投げて打って大活躍。

最速146キロのストレートを武器に強打の東邦を見事3失点にまとめました。

 

星城高校の大会成績は?

続いて星城高校の大会成績を見ていきたいと思います。

秋季愛知県大会

新チーム発足直後に行われた秋の県大会。

ここでの星城高校の試合結果を見ていきます。

1回戦

星城6-2誉

2回戦

星城2-3中部大春日丘

秋に行われた県大会では、2回戦で惜しくも敗退という形になっています。

春の愛知県大会

続いては春の愛知県大会

1回戦

星城7-0日本福祉大付属

2回戦

星城4-3愛工大名電

3回戦

星城0-7中部大春日丘

春の県大会では愛工大名電にも勝利しましたが、ここでも春日丘に敗退。

県大会まで駒を進め、力のあるチームですが、優勝するには少し難しいかなというのが秋と春の県大会での結果でした。

大会の成績を見ても甲子園に出場できるかは少し厳しいチームのように思えますね。

 

まとめ

見事大番狂わせを果たした星城高校野球部について簡単に調べてみました。

近年はスポーツにも力を入れていて、愛知県では力のある高校として名前が通ってきている星城高校。

 

この勢いのまま甲子園に行ける強さなのかを考えると決して簡単なものではないと思います。

愛知県は試合数もおおい、強豪校もまだまだいる。

愛知県指折りの投手エース石黒投手の投球にも期待がかかりますが、気温も高くなり試合が重なると決して調子のよい中だけで投げられるものではありません。

東邦戦のように打線のサポートでエースを支えられると、愛知県優勝、甲子園が見えてくるかもしれませんね。

今回は選抜優勝校東邦強さを発揮し、とても感動させられました。

この後のトーナメントでもどのような試合を披露するのか気になります。

 

Sponsord Links
スポンサーリンク
高校野球2019
gixをフォローする
gix'sblog

コメント