札幌大谷高校野球部2019のメンバーやスタメンは?注目選手は?

春の甲子園2019
Sponsord Links
スポンサーリンク

2019年3月23日から春の甲子園が開催されます。

出場高校の選考委員会は2019年1月25日という事で、大会も出場高校の発表もまだ先ですが、待ち遠しいので各地区の秋季大会で優勝し、春の甲子園出場が倒当確しているチームを調べていきたいと思います。

今回は札幌大谷高校野球部のスタメンやメンバーを紹介していきます。

札幌大谷高校は今秋北海道大会明治神宮大会高校の部の2大会で優勝しています。

特に初出場での優勝を飾った明治神宮大会は秋の全国大会ですので、春の甲子園でも札幌大谷高校の好成績が期待されます。

ベンチ入り選手の発表はまだ先ですが、秋季大会時のスタメンからの紹介になります。

Sponsored Links

スポンサーリンク

札幌大谷高校野球部のベンチ入りメンバーは?

札幌大谷高校は今秋の明治神宮大会で見事優勝を果たしました。

これは北海道勢では2005年の田中将大(現NYヤンキース)擁する駒大苫小牧依頼2度目の快挙でした。

さらに魅力的な点はメンバー全員が道内出身の〖道産子魂〗を持った選手というです。

創部10年で初の春の甲子園当確という事で高校野球界では比較的新しいチームと言えます。

それでは秋季大会時ベンチ入りメンバーを見てみましょう。

主将:飯田 柊哉

西原 健太 2年 右投右打 184cm91kg
札幌大谷シニア-赤平レッドレイズ出身
2013日本ハムJr.

飯田 柊哉 2年 右投右打ち 173cm71kg
札幌大谷シニア-緑苑台ファイターズJr.出身
2013日本ハムJr.

清水 悠我 2年 右投左打ち 176cm75kg
札幌大谷シニア-緑苑台ファイターズJr.出身

釜萢 大司 2年 右投左打ち 172cm66kg
札幌大谷シニア-エルムファイターズ出身

佐藤 颯馬 1年 右投右打 174cm72kg
函館ボーイズ-磨光クラブ出身

北本壮一郎 2年 右投右打 179cm75kg
札幌大谷シニア-あいの里バイソンズ出身

中川 征典 2年 右投右打 165cm70kg
札幌北広島ボーイズ-カッパーズ出身

石鳥  亮 2年 右投右打 180cm85kg
札幌大谷シニア-エルムファイターズ出身

佐野翔騎郎 1年 右投左打 181cm71kg
札幌北シニア-東札幌ジャイアンツ出身

田口 恭大 2年 右投左打 170cm65kg
札幌大谷シニア-ノースブラザーズ出身

増田 大貴 1年 右投右打 172cm61kg
札幌豊平ボーイズ-石山フォックス出身

大野 柚太 2年 右投右打 164cm73kg
札幌大谷シニア-あいの里バイソンズ出身

津崎 愛斗 1年 右投右打 165cm55kg
小樽シニア-小樽シーレックス奥沢出身
2014日本ハムJr.

小関慎之助 1年 右投右打 168cm57kg
札幌栄シニア-北栄Sアンビシャス出身

吉田 優太 1年 右投右打 174cm75kg
発寒中野球部-発寒グリーンホークス出身

青山 弥稜 2年 右投右打 165cm75kg
札幌大谷シニア-ノースブラザーズ出身

太田 流星 2年 右投右打 172cm75kg
札幌大谷シニア-菊水ベアーズ出身

阿部 剣友 1年 左投げ左打ち 196cm87kg
北斗市立大野中野球部-大野少年ダイヤ出身

監督:船尾隆広

明治神宮決勝時スターティングラインナップ

秋に行われた明治神宮大会決勝では以下のスターティングメンバーでした。

〖札幌大谷高校スタメン〗

1.遊撃手:北本
2.二塁手:釜萢
3.捕手:飯田
4.投手:西原
5.中堅手:石鳥
6.三塁手:佐藤
7.一塁手:清水
8.右翼手:佐野
9.左翼手:中川征典

決勝戦ではエース西原が1失点完投勝利を果たしましたが、右横手投の太田や1年生左腕の阿部も北海道大会、神宮大会で好投も見せました。

特に太田は神宮大会準決勝8回までノーノーの好投を披露しました。

付属中学にシニアリーグ所属の硬式野球部があり春の全国大会でベスト8になったメンバーの多くがそのまま進学しているという事もあり、全体的にハイレベルなチームになっています。

札幌大谷高校の注目選手は?

札幌大谷高校はエースの西原選手を中心に投手陣が安定しているので、その投手陣を注目選手として紹介します。

背番号1:西原健太 

MAX142キロのストレートとスライダー、カーブ、SFFと球種も多彩な本格派右腕。

北海道大会では投球フォームを崩し調子を崩していましたが、神宮大会決勝では1安打1失点完投勝利。

冬のトレーニングでどれくらい身体を作ることができるか楽しみです。

イケメン選手としても注目を浴びそうです。

背番号17:太田流星

右横手投げの投手です。

本格派右腕のエース西原のリリーフをすることが多いですが。

サイドスロー独特の変化球と緩急をつけた投球でエース西原不調の北海道大会、神宮大会では先発投手を任されることもありました。

上記の投手陣に加えてメンバー全員が道内出身のチームという事でチームの意識共有の高さも札幌大谷高校の強みであると言えそうです。

まとめ

いかがでしょうか、今回は札幌大谷高校野球部について紹介してきました。

明治神宮大会で優勝したチームという事で春の甲子園でも注目度の高いチームになるのではないでしょうか?

冬場は厳しい環境の中での練習ですのでなかなか厳しいかもしれませんが、ぜひ〖道産子魂〗を見せてもらいたいと思います。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

春の甲子園関連記事一覧はこちらから

Sponsord Links
スポンサーリンク
春の甲子園2019
gixをフォローする
gix'sblog

コメント