星稜習志野戦でサイン盗み?林監督が抗議!高野連の会見と反応は?

春の甲子園2019
Sponsord Links

甲子園も2回戦に入りましたね。

本日は大会注目の投手奥川選手率いる星稜高校と習志野高校の試合がありました。

その試合で習志野高校がサイン盗みをしているのではないかという抗議が星稜高校、林監督からありました。

今回は試合以上に話題になっているサイン疑惑に対しての高野連の判断などをまとめていきたいと思います。

 

 

Sponsored Links

 

星稜VS習志野の試合結果とサイン盗み疑惑について

本日行われたセンバツ高校野球の2回戦で星稜VS習志野の試合が行われました。

結果は3-1で習志野高校の勝利。

星稜高校は大会№1投手奥川投手の投球に注目も集まっていました。

しかし奥川投手は9回に本塁打を浴びるなど3失点。

惜しくも星稜高校は敗戦となりました。

 

この試合で世間から注目を浴びたのは4回2死満塁の場面。

星稜高校のキャッチャーからサイン盗みがあるというアピールがあり審判4人が集まり試合が中断したというもの。

この試合中は結局走者に紛らわしい仕草は避けるようにとの注意が入ったのみで終わりました。

 

星稜高校林監督が猛抗議

試合前から習志野高校の不自然な動きを林監督は訴えていたようです。

試合中にも抗議を行い、認められず。

もやもやしたまま敗戦・・・

それだけで終わらず、試合後林監督は習志野高校の部屋に乗り込み、習志野高校小林監督に『証拠はありますよ。映像ここで見せてもいいんですよ。』と猛抗議したようです。

結果はどうあれ、サイン盗みのような疑いがあるような状態で試合が行われるの残念な話です。

 

高野連のサイン盗みたいする会見は?

あまりにこのサイン盗みが騒ぎになってしまったので高野連が試合後に会見を行いました。

会見内容は以下の通り。

 

「キャッチャーからサイン盗みがあるとアピールがあったので、審判4人で集まって協議した」とした。球審からは習志野ベンチからサイン盗みを疑われる何かしらのしぐさがあったと報告があったが、四回に審判が集まった時点で「サイン盗みがあったと判断するに至らなかった。キャッチャーにもそう伝えた。(走者には)紛らわしいしぐさはするなとは伝えた」と報告した。星稜・林監督が試合前から疑惑を伝えていたことについては「試合前に(審判団とチームが)接触するということはない」と話した。

 

試合前から試合後までサイン盗みが騒ぎになることは過去にもありませんが「今後、検証する可能性は現段階ではない。異議申し立ても、過去に例はない」ということ。

 

世間の反応は?

世間ではどんな反応になっているか調べてみました。

甲子園はどうしても爽やか、一生懸命に頑張る姿がイメージにあるので今回のような事件は残念な意見が多いですね。

 

 

 

 

 

まとめ

今回は星稜習志野戦でサイン盗み?林監督が抗議!高野連の会見と反応は?という事でまとめてきました。

サイン疑惑に対しては基本的に禁止されている行為ですが、今回はお咎めなしで終わりそうです。

 

コメント