春日部共栄高校野球部監督の顔や経歴は?体罰の内容は?甲子園出場はどうなる?

Sponsord Links
スポンサーリンク

残念なニュースが入ってきました。

春日部共栄高校野球部の監督が部員への体罰を行なっていた事を認めたというものです。

春日部共栄高校野球部は秋の大会で埼玉県一位で関東大会に出場し、その関東大会でも準優勝。

春の甲子園2019の出場も当確していました。

高校野球好きな身としては近年問題になっているこの体罰問題にはかなり怒りを覚えます。

高校野球を通じで部員たちに厳しくも暖かい指導をされる監督も多いとは思いますが、手を出しては意味がありません…。

 

今回は残念ながら起きてしまった春日部共栄高校野球部の監督による体罰問題について取り上げて行きたいと思います。

 

春日部共栄高校野球部監督の顔や経歴、そしてせっかく当確していた春の甲子園への切符はどうなってしまうのか?

この辺りをまとめたいと思います。

 

Sponsored Links

 

スポンサーリンク

本多利治監督の顔や経歴は?

今回問題を起こした春日部共栄高校野球部監督の名前は『本多利治』監督。

本多監督の顔は?

本多監督の見た目はこの様な感じです。

帽子を被ればフツーに野球好きのオジさんって感じですね。

本多監督の経歴は?
名前 本田利治(ほんだ としはる)
生年月日 1957年9月30日生(61歳)
出身中学 高知中学
出身高校 高知高校
甲子園出場経験 1974年春センバツベスト8。1975年春のセンバツ優勝。
出身大学 日本体育大学
職業 春日部共栄高校野球部監督
2018年3月 春日部共栄高校教諭は定年退職

高校時代には何と春のセンバツで優勝しているという素晴らしい経歴です!

甲子園ではあの巨人の原辰徳監督にも勝利したという本多監督。

選手としても活躍したんですね。

 

体罰の内容と概要は?

今回発覚した体罰問題の詳細は以下の通りです。

 

体罰問題詳細

昨年4月1日と3日、練習試合で見逃し三振をした当時の2年生と3年生計3人に平手打ちをしたり、蹴ったりしたそうです。

既に部員や保護者に謝罪し、現在は指導を自粛しているとのこと。

春日部共栄高校野球部は昨年の秋季関東大会で準優勝。

春の選抜高校野球大会出場が有力視されています。

体罰問題でセンバツ出場はどうなってしまうのでしょうか・・?

野球部は20日も午前中からノックなどの練習を行ったものの、本多監督の姿はなかったそう。

また、2017年の4月5月には、

当時の2年生と3年生が1年生に「うざい」などの暴言を吐いたほか、

寮生活に関するミーティング中、2年生が1年生を平手打ちしていたことも明らかになっています。

センバツ出場校の選考委員会は今月25日に行われるということですが春日部共栄はどうなってしまうのでしょうか?

 

春日部共栄高校野球部の甲子園出場は?

春日部共栄高校は春の甲子園出場がほぼ決まっていましたが、今回の体罰問題の浮上でどうなってしまうのか気になるところです。

 

今の所甲子園出場辞退に関しては否定的なコメントを本多監督は残しているとの事ですが、過去の例を見ても、選手間で起きた不祥事は出場辞退をするケースが多いようですが、監督からの体罰となると、監督代行をたてての出場などのケースもあるようです。

 

ただ選ばれたから出ることのできる選抜甲子園なのでこのような不祥事は大きなマイナスポイントとなりそうです。

 

今後の春日部共栄高校野球部の進む先が気になります。

 

まとめ

今回は春日部高校野球部監督の顔や経歴は?体罰の内容は?甲子園出場はどうなる?という事でまとめてきました。

 

高校野球の体罰に関してはもっと高校野球会に考えを改めてほしい、体勢を変えてほしいと切に願います。

Sponsord Links
スポンサーリンク
参考選手
gixをフォローする
gix'sblog

コメント