高校野球プロ注目の投手2019!ドラフト候補や?球速が最速は誰?

高校野球2019
Sponsord Links

平成最後の春の甲子園が終了し、年2回ある甲子園の一つ目は愛知東邦高校が見事優勝を果たしました。

センバツ、春の地区大会など高校野球で一番の盛り上がりを見せる夏の甲子園に向け、順々に試合が消化されていっております。

甲子園も一つ終わり夏の予選も目前という事で、この春の時点でプロから注目を浴びている高校生投手たちを今一度確認したいと思います。

おそらく秋ドラフトの目玉になるであろう選手を中心に紹介していきます。

良い投手かどうかの大きな判断材料になる最高球速ももちろん調べていきます。

 

 

Sponsored Links

 

 

プロ注目高校野球2019BIG4!

熱心なファンも多い高校野球。

甲子園のスターがそのままプロで活躍する姿を見るのも野球の醍醐味の一つですよね?

2019年プロから注目を浴びるBIG4と呼ばれる投手を夏の大会がはじまる前にチェックしていきましょう。

 

1.奥川恭伸 (星稜高校)

まず1人目のドラフト候補投手は奥川恭伸投手です。

『基本データ』

身長:182㎝

体重:84キロ

右投右打

最高球速:151キロ

持ち球:スライダー、チェンジアップ、フォーク

遠投:110m

50m走:6秒5

 

『総評』

この世代№1投手と評される奥川投手。

秋季大会では60イニングを投げて四死球5、防御率0.60。

10連続3振を奪う試合もあるなど、異次元に高いレベルで安定感を見せつけました。

春の甲子園でも1回戦強打の履正社高校を相手に17奪三振で見事完封。

高校野球界の指導者の中にはプロでも即ローテに入れるレベルではないか?

と評価する指導者もいるほどの投手です。

最速151キロの球速の速さはもちろん、三振を獲れる高校生離れした得意のスライダー。

駆け引きのできる制球力と投球術。フィールディングにもスキがない・・・・

と、高2時から高校野球日本代表に入る力と評価が決して高すぎるものではないとセンバツでの投球で語ってくれました。

惜しくも選抜では2回戦で敗れてしまったものの、現状高校生ではなかなか打ち崩すことは難しい投手です。

プロ注目のドラフトでは競合指名も予想される奥川投手の最後の夏に注目です。

 

2.佐々木朗希 (大船渡)

続いて2人目は佐々木朗希投手です。

『基本データ』

身長:189㎝

体重:81㎏

右投右打

最高球速:163キロ

持ち球:スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ

 

『総評』

先日行われた日本代表合宿でなんと163キロを記録し、一躍有名になった佐々木投手。

今年の岩手県大会は佐々木フィーバーを見越して入念な警備も行われるという話が出ています。

163キロの伸びのあるストレートはもちろん、多彩な球種、力をセーブして投げ分ける術も練習試合で披露しています。

打撃に関しても非凡なもの現在見せているのでエンゼルス大谷選手のように2刀流もできるのではないかと思われる野球センスの持ち主です。

日本の球団だけでなくメジャーリーグスカウトからも熱い視線が向けられている選手ですね。

甲子園での姿を見るのは難しいかもしれませんが、秋以降の日本代表戦などではTVでも見る機会が増えるかもしれません。

先ほど紹介した奥川投手と佐々木投手が現段階では、プロ注目の高校生投手の2トップと思われます。

 

 

3.及川雅貴 (横浜)

3人目は佐々木、奥川とともに高校BIG4と呼ばれる及川投手です。

 

『基本データ』

身長:183㎝

体重:74キロ

左投左打

50m走:6.0

遠投:110m

最高球速:153キロ

持ち球:スライダー

『総評』

すらりとした長身で手足の長い身体で、しなやかな投球フォームが印象に残るサウスポー。

体重からもわかるようにまだまだ体に力をつけていけそうな雰囲気です。

最近の投手には珍しく直球とスライダーの2球種に磨きをかけている投手です。

2年秋時点で最速153キロを記録し、スライダーが決まればほとんど相手の打線が手の付けようがない。

と評判の高いサウスポーです。

投げるたびに2桁奪三振を記録するドクターK!

ですが、秋季関東大会では制球難から打ち込まれ、甲子園でも、直球の精度が悪く得意のスライダーも見切られ最近の大舞台では本領が発揮できていない印象です。

良い時は手が付けられない、悪い時は勝負できる球がないというのが現状の及川投手かもしれません。

夏に向けて状態はもっと良くなると思いますし、まだまだ伸びしろたっぷりのポテンシャルの高い選手です。

自己最速の更新、制球力の向上が進めばドラフトでの上位指名もあるかもしれません。

本格派左腕はとってもロマンがありますし、最後の夏、またそれ以降のステージでも高いパフォーマンスが見られることを期待したいです。

 

4.西純矢(創志学園)

BIG4最後の1人西投手の紹介をしていきます。

『基本データ』

身長:184㎝。

体重:87キロ。

右投右打

最高球速:150キロ

持ち球:縦横のスライダー、カーブ、フォーク、SFF

 

『総評』

岡山県久々のドラ1候補です。

昨年の夏の甲子園で雄たけびとガッツポーズが印象に残っているファンも多いはず。

最速150キロの直球とスライダーが大きな武器です。

夏に1試合16奪三振を記録し、世代を代表する投手に躍り出た西投手。

秋季大会では自らのミスから大崩れし、メンタル面では課題の残る結果に終わってしまいましたが、最後の夏の大会では昨年以上に熱い投球を期待します。

 

各地区の2019プロ注目投手。

現状完成度、素材、伸びしろ色々含めて、プロが注目しているドラフトの目玉となりそうな投手が上で紹介した高校BIG4の選手達です。

もちろんそれ以外にも良い選手は沢山いるので、ここからは各地区の注目投手をざっと紹介していきたいと思います。

 

名前 身長/体重 投打 高校 地区 備考
西原健太 183/90 右右 札幌大谷 北海道 秋季明治神宮大会優勝投手
小林珠維 183/84 右右 東海大札幌 北海道 右の本格派。最速146キロ
篠田怜太 178/70 右右 羽黒 東北 最速145キロ変化球も精度が高い
井上広輝 180/78 右右 日大三高 関東 ケガが復調すればBIG4に引けを取らない
北畑玲央 172/65 左左 佐久長聖 北信越 最速147キロ。
玉村昇悟 177/75 左左 丹正 北信越 左で最速145キロ。
岡林勇希 176/71 右左 菰野 東海 最速150キロとカーブが魅力
前佑囲斗 182/88 右右 津田学園 東海 最速148キロイケメン
清水大成 176/73 左左 履正社 近畿 最速145キロ変化球も多彩
藤本竜輝 179/74 右右 近畿 最速147キロ。
石原勇輝 178/76 左左 広陵 中国 広陵の二枚看板。
河野佳 174/76 右右 広陵 中国 センバツで150キロ計測
桑田孝志郎 177/74 右右 広島新庄 中国 広島新庄久々の本格派右腕
谷岡楓太 175/82 右右 武田 中国 最速151キロとナックルカーブが武器
加茂優太 171/70 右右 藤井学園寒川高 四国 常時140キロスライダーとチェンジアップが武器
西舘昂汰 187/83 右右 筑陽学園 九州 秋の九州大会優勝投手
浅田将汰 181/85 右右 有明 九州 まっすぐで押すスタイルが魅力
宮城大弥 173/70 左左 興南 九州 インステップからの切れと角度に注目

 

まとめ

夏に向けて2019注目の投手を今回はまとめていきました。

現在高校生で最速は佐々木投手の163キロ。

各地にドラフト候補生は沢山いますが、その中でもやはり高校BIG4と称される、

佐々木・奥川・西・及川の4選手がプロから熱い視線を浴びています。

特に佐々木・奥川はここ数年で見ても非常に潜在能力と現状のレベルが高い評価です。

高校生投手は近年では甲子園での投球過多が懸念されていますが、それでも夏の甲子園でレベルの高い投手が見たいというファンの期待は変わりません。

球児たちが思い残すことのない高校野球をこの夏は送れることを期待します。

 

 

 

コメント