夏の甲子園2019神奈川県大会の優勝候補を予想!注目の選手を戦力分析!

高校野球2019
Sponsord Links
スポンサーリンク

GWも終わり気温もようやく良好になってきましたね。

野球ファンにとっては最も楽しみにしているイベントの一つ。

夏の甲子園大会が近づいてきています。

春の選抜高校野球や、高校野球の日本代表の大会も見どころがありますが、やっぱり高校野球と言えば夏の甲子園が一番盛り上がる大会です。

高校球児は負けたら引退という最後の大会ですので、一人ひとりかける思いも大きい大会です。

今年の夏の甲子園は第101回目、そして新元号『令和』になって初の甲子園です。

夏の甲子園本戦ももちろん楽しみですが、全国の各地で出場校を決定する予選が行われます。

2019年8月6日(火)が第101回目の夏の甲子園の開幕戦日となっていますが、その前に各地の優勝候補や注目の選手を確認していきたいと思います。

 

今回は激戦区神奈川県大会の優勝候補の戦力分析、注目の選手をチェックしていきたいと思います。

 

 

Sponsored Links

 

スポンサーリンク

夏の甲子園2019神奈川県大会の日程は?

神奈川県大会の日程は以下の通り。

抽選:6月8日(土)

開幕:7月7日(日)

決勝:7月28日(日)

来週には抽選会が行われ、いよいよ夏が始まりますね。

 

神奈川県大会秋、春の上位校は?

強豪校が集まる神奈川県大会。

横浜や桐蔭学園、東海大相模など甲子園でも上位に残る有名チームが多く存在します。

そんな神奈川県大会の優勝候補を昨秋と今春の結果から予想していきたいと思います。

 

昨秋神奈川県大会の結果は?

まずは昨秋の県大会の上位チームを見ていきましょう。

 

優勝:横浜

準優勝:桐蔭学園

ベスト4:慶応、厚木北

 

決勝

横浜11-2桐蔭学園

準決勝

横浜2-1慶応

桐蔭10-2厚木北

 

秋の大会では優勝は横浜高校。

準決勝ではサヨナラ勝ち、決勝では大差での勝利で力を見せつけました。

決勝の2校が関東大会に進みました。

続く関東大会では、横浜は2回戦、春日部共栄にコールド負け・・・

対する桐蔭学園は関東大会を見事制する結果となりました。

 

春の県大会の結果は?

続いて今春に行われた神奈川県大会の上位進出チームを見ていきましょう。

優勝:東海大相模

準優勝:桐光学園

ベスト4:横浜・鎌倉学園

 

決勝

東海大相模6-2桐光学園

準決勝

東海大相模4-1鎌倉学園

桐光学園5-3横浜

 

秋関東を制した桐蔭学園は準々決勝にも残れず敗退という結果となっています。

春の上位進出校も毎年優勝候補に名乗りを挙げる顔触れになっています。

 

神奈川県大会2019注目の選手は?

続いて神奈川県大会の注目選手をチェックしていきます。

投手
名前 学校名 ポジション 身長体重 投打
谷村 然 桐光学園 投手 179/84 右右
冨田 冬馬 桐光学園 投手 171/71 左左
及川雅貴 横浜 投手 183/74 左左
田口義将 慶応 投手 176/78 右右

 

 

野手
名前 学校名 ポジション 身長体重 投打
善波 力 慶応 捕手 168/73 右右
萩原義輝 東海大相模 捕手 179/70 右左
森敬斗 桐蔭学園 遊撃手 175/68 右左
内海貴斗 横浜 一塁手 182/77 右左
遠藤成 東海大相模 三塁手 178/76 右左
小泉龍之介 横浜 中堅手 171/71 右右

 

 

2年生注目選手
名前 学校名 ポジション 身長体重 投打
木下幹也 横浜 投手 185/85 右右
松本隆之介 横浜 投手 188/76 右右
山村崇嘉 東海大相模 一塁手 179/82 右左
度会隆輝 横浜 二塁手 180/76 右左
津田啓史 横浜 遊撃手 180/77 右右
加藤響 東海大相模 遊撃手 179/70 右右
西川僚祐 東海大相模 外野手 186/90 右右

 

 

神奈川県はタレント豊富で投手・野手・そして来年ドラフトを視野に入れる選手と数多く注目の選手がいます。

春秋の県大会での結果はもちろん力のある選手をチェックして戦力分析をしていみると面白いかもしれません。

今夏特に注目なのはドラフト上位指名も期待される横浜の及川投手。

世代を代表する遊撃手の桐蔭学園森選手。

チームの結果とは別にどれくらい成績を残すのか楽しみです。

 

 

神奈川県大会優勝予想と戦力分析

最後に神奈川県大会の優勝を予想していきたいと思います。

本命は横浜高校。

ドラフト上位も予想される逸材の及川投手をはじめ、野手、下級生も力ある選手を抱え、選手層は全国的に見てもかなり高いレベルで、出場校・試合数が多い神奈川県大会でも勝ち抜ける選手層があるように思えます。

反面、関東大会やセンバツで見せたような及川選手の出来で大きく試合結果が左右されるような試合も見せてしまっているのでそこが一発勝負では怖いところでしょうか?

野球ファンとして及川投手の快投は本当に楽しみにしています。

 

対抗馬は東海大相模、桐光学園?

春の大会で結果を残した東海大相模も注目の選手を多く抱えるチームで、毎年甲子園上位を狙っているので横浜ー東海大相模戦はかなりハイレベルな試合になって欲しいなと思います。

特に2年生ながら通算本塁打30発を超える西川選手をはじめとする強打線は魅力です。

桐光学園も春は上位進出しました。

好投手二人を擁して強打の東海大相模・横浜にどういった試合を展開するのか楽しみです。

 

まとめ

今回は夏の甲子園2019神奈川県大会の優勝候補を予想!注目の選手を戦力分析!

という事で書いてまいりました。

調べて見て神奈川県大会は強豪も多く、注目の選手も多数いるのでどこが優勝するのか非常に楽しみです。

 

Sponsord Links
スポンサーリンク
高校野球2019
gixをフォローする
gix'sblog

コメント