夏の甲子園2019茨城県大会の優勝候補を予想!注目の選手を戦力分析!

高校野球2019
Sponsord Links
スポンサーリンク

7月に入って気温も急激に暑くなってきましたねー。

また暑くて体には堪える季節がやってきましたが、夏は個人的には大好きな季節です。

社会人には大した夏休みもありませんが、野球ファンにとっては一大イベントであります。

高校野球夏の甲子園大会!

毎年沢山の高校、球児たちがプレーや、ベンチ裏の物語で楽しませてくれます。

春の選抜高校野球や、高校野球の日本代表の大会も見どころがありますが、やっぱり高校野球と言えば夏の甲子園が一番盛り上がる大会です。

高校球児は負けたら引退という最後の大会ですので、一人ひとりかける思いも大きい大会です。

今年の夏の甲子園は第101回目、そして新元号『令和』になって初の甲子園です。

夏の甲子園本戦ももちろん楽しみですが、全国の各地で出場校を決定する予選が行われます。

2019年8月6日(火)が第101回目の夏の甲子園の開幕戦日となっていますが、その前に各地の優勝候補や注目の選手を確認していきたいと思います。

今回は茨城県大会の優勝候補の予想や注目の選手の紹介をしていきます。

 

Sponsored Links

 

スポンサーリンク

茨城県大会の日程は?

 

まずは夏の甲子園茨城県大会の日程をチェックしていきます。

日程は以下の通り。

茨城県開幕:7月6日(土)

決勝:7月24日(水)

 

茨城県大会昨秋と今春の上位進出校は?

新チーム発足後行われた昨秋と今春に行われた茨城県大会の結果から夏の甲子園茨城県大会の優勝候補、上位進出校を予想していきたいと思います。

 

昨秋の茨城県大会の結果は?

まずは昨秋の茨城県大会の結果を見てきましょう。

 

優勝:常総学院

準優勝:藤代

ベスト4:水城、石岡一

続いて得点を見ていきます。

 

決勝

常総学院15-0藤代

準決勝

常総9-2水城

藤代5-4石岡一

 

決勝戦では藤代を圧倒。

準決勝でもコールド勝ちを収めた常総が優勝と果たしました。

今春の茨城県大会の結果は?

続いて直近の公式戦である春の茨城県大会の結果を見ていきます。

 

優勝:藤代

準優勝:水戸商業

ベスト4:常総学院鹿島学院

優勝は藤代、投手力が充実して夏を迎えることができそうです。

続いて得点。

決勝

藤代5-4水戸商

準決勝

常総3-4水戸商

藤代8-1鹿島商(8回コールド)

 

秋優勝の常総学院はエース温存で準決勝敗退。

しかしそれでもベスト4に入る戦力です。

 

茨城県大会2019注目の選手は?

 

続いては2019茨城県の注目選手を紹介していきたいと思います。

投手注目

注目の投手から各校の戦力を分析していきます。

投手ではセンバツに21世紀枠で出場した石岡一のエース岩本大地、甲子園でもベストピッチを披露してくれました。

石岡一が優勝するには岩本投手の活躍が不可欠でしょう。

続いて霞ケ浦の2枚看板鈴木寛人と福浦太陽投手。

特に鈴木投手は最速146キロをマークしプロも注目する投手です。

秋を制した常総からも岡田幹太と菊池竜雅の2枚看板が高評価です。

2人とも140キロを超えるストレートが武器です。

県大会で上位に食い込むチームはやはり好投手を多く抱えていますね。

 

野手注目

続いて野手に目を移します。

野手でも目玉選手が多いのはやはり常総学院。

主砲菊田拡和選手(一塁手)は高校通算本塁打40を超え、大台50本塁打が見えてきたスラッガー。

投手もこなすユーティリティープレーヤー中妻翔選手(外野手)は俊足好打強肩でチームを引っ張ります。

土浦日大の石渡耀(二塁手)は好打に華のあるプレーが期待できます。

県大会では上位進出はしていないものの、明秀学園日立の北野凱士選手の長打力も評価が高いようです。

 

優勝候補予想と戦力分析/まとめ

今回は夏の甲子園2019茨城県大会の優勝候補を予想!注目の選手を戦力分析!という事で調べて見ました。

優勝候補筆頭は戦力の厚みから常総学院!

秋は得点的には苦しむことなく優勝、春はベスト4止まりでしたがエースは温存、今のところ戦力的には一番強い高校ではないでしょうか?

大会3連覇のかかる土浦日大もなんとか対抗したいところ。

藤代、水戸商の県大会上位校。

プロ注目投手を抱える、霞ケ浦、石岡一も常総を追いかけます。

好投手が多く出場する茨城県大会、優勝候補の強打常総に各校のエースが好投を見せらえるのかも注目のポイントです。

 

 

Sponsord Links
スポンサーリンク
高校野球2019
gixをフォローする
gix'sblog

コメント