県岐商野球部新ユニフォームがダサい?変わった理由や評判は?

高校野球2019
Sponsord Links
スポンサーリンク

7月に入り各地夏の甲子園予選が各地で開催され始めましたね。

昨年は第100回記念の甲子園という事で参加校も例年より増え、ドラマティックな試合も多い甲子園大会となりました。

今年は今年で令和最初の夏の甲子園という事で、新元号初優勝を狙う高校生達の姿が楽しみですよね。

 

元号が令和に変わり、新しい時代が到来する中で高校野球の姿形も昔に比べるとずいぶんと変わってきているような気がします。

時代の変化とともに伝統ある高校も今大きく変化しているところもあるかと思います。

今回調べたいのは昭和の岐阜県代表!県立岐阜商業こと県岐商のユニフォーム!

なんと伝統ある県岐商のユニフォームが今年大きくデザインを変えたという話を耳にする機会が増えたので、夏の甲子園予選が始まる前に、県岐商野球部の新ユニフォームのデザインがどのようなものなのか、野球ファンの反応も踏まえて調べていきたいと思います。

 

Sponsored Links

 

スポンサーリンク

県岐阜商野球部の強さは?

さてユニフォームを調べる前に県岐商野球部ってどのくらい強い高校なのか?

またどれくらい強かったのか簡単に調べていきたいと思います。

県立岐阜商業甲子園通算成績

春夏通算:136勝106敗1分け

優勝回数:春三回夏一回

という事で大正の時代からここまでの間高校野球の強豪校として名を馳せてきた高校野球界では有名なチームです。

甲子園での勝利も敗北も三桁の大台に乗っているといるというとてつもない伝統高校です。

最近では現ソフトバンクホークスの高橋純平投手を擁してセンバツに出場したところが最後の甲子園出場でしょうか・・・。

 

県岐商新ユニフォームのデザインや反応は?

県岐商野球部の伝統の長さと強さが分かったところでいよいよ新ユニフォームをチェックしていきたいと思います。

と、その前に以前のユニフォームはこんな感じ!

 

白を基調に黒文字に帽子も黒に白字。

 

シンプルで爽やか、これぞ高校野球のユニフォームやなーって感じがしますね。

伝統ある高校にふさわしく万人受けするユニフォームとなっています。

 

続いて新ユニフォーム

 

 

・・・めっちゃカラフルですね!

以前とは打って変わって文字もカラフル、ソックスやアンダーシャツも全く面影がなくなるくらい色がついていますね。

ここまで変わるとOBも多い伝統校は色々な意見があったのではないでしょうか、気になります。

 

twitterなどでもこの新ユニフォームについての反応を見てみました。

 

 

twitterで実際に見た方の反応を調べましたが、かなり賛否両論。

色味が以前と比較するとだいぶ鮮やかなので余計に気になる方がいるかもしれませんね、

ゲテモノとかダサいなんていうきつめのワードもありました。

 

ユニフォームが変わった理由は?

県岐商のような伝統ある高校がユニフォームを変えた理由はなんだったのでしょうか?

わざわざ遠回しにすることもなく鍛治舎新監督のこだわりの色だからでしょう。

現役時代在籍していた松下電器のユニフォームの配色がまさにこの色だったという事です。

監督の率いた枚方ボーイズも、秀岳館もこの配色のユニフォーム!

秀岳館時代には今の県岐商と同じく大きく配色を変えて結果を出したこともあり、今回のユニフォームチェンジを期に古豪復活を目指して頑張って欲しいと思います。

 

まとめ

今回は県岐商野球部新ユニフォームがダサい?変わった理由や評判は?

という事で調べてきました。

配色は大きく変わり賛否両論。

ユニフォームは新監督のこだわりの配色という事でした。

ちょっと高校野球のオールドファンの意見を聞きたくなるようなユニフォームでしたが、心機一転令和でも強豪県岐商の名を全国にアピールしていただきたいです。

 

Sponsord Links
スポンサーリンク
高校野球2019
gixをフォローする
gix'sblog

コメント