バッターボックスってなんで二つあるの?左打ちの方が有利?

参考選手
Sponsord Links

こんにちはギックスです。

野球を見始めたばかりの人はバッターが右打席と左打席はなぜあってどっちに立ってもいいのか気になりますよね?

いろんなバッターがいてそれぞれ魅力があるので打席の違いで何が違うのか考えるのも面白いですよね?

 

僕自身は右でも左でも打っていたことがあるのでどっちがいいのか今一度見ていきたいと思います。

 

左バッターボックスが有利?

バッターは左バッターが有利。という話はよく聞くかと思います。

実際にイチロー選手や、松井秀喜選手、そして大谷翔平選手など大リーグ活躍している日本人の選手達は左打ちの選手が多いです。

ではなぜ左バッターが多いのでしょうか?

基本的には左打席の方がより一塁への距離が短く内野安打などぎりぎりのタイミングで少しでも一塁に近いバッターボックスが有利と言われていることが始まりです。

なので、右打席から左打席に変わる選手は数多くいますが、その逆はほとんどいません。

イチロー選手もお父さんから左打席の方が有利だという事を教えられ、野球をはじめたときから左打席で練習していたようです。

このパターンは非常に多くて高校生の時に足を生かして左打席に変わるという選手もかなり多いように思います。

個人的には初めから振りやすい方でやればいいんじゃないかな、と思います。

どちらでも変わらないな、という人であれば左打席の方がお勧めです。

ちなみにツーストライクまでならバッターボックスは左右途中で移動しても大丈夫です。

どちらの打席でも打てるスイッチヒッターの選手であれば、覚えておいてもよいルールだと思います。

基本的には左打席が有利という事です。

是非好きなチームの選手はどっちの打席で打っているのか確かめてはいかがでしょうか?

 

どっちの打席の方が自分が向いているのか考える方法

さんざん左打席の方が有利と言いましたが、実際自分がどっちの方があっているのか、野球の好きな人は考えることがあると思います。

よく言われるのが利き目の方の打席で打つという事です。

右目が利き目なら左打席で、左が利き目なら右打席というように利き目で決めてしまうのも方法の一つです。

後は振ってみて単純に振りやすい方で僕は良いと思います。

左利きで左投だけど好きな選手が右打ちだから、自分も右打席にした。とかでも面白いと思います。

基本的には右利きの人は右打ち、左利きの人は左打ちが多いと思います。

 

好きな方で打てばいいと思いますが、一応利き目の確かめ方でよく使われる方法としては、両手で輪っかを作り、少し離れた場所にある物をその手で作った輪の中心に見えるようにします。

その後片目ずつつむって両目で見ていた時と見え方が近い方が利き目という確かめ方があります。

自分がどちらの目が利き目なのか確かめてみても楽しいかもしれません。

ちなみに今右打ちだけど左打ちに変えたいなーという方いらっしゃるかと思います。

僕も先生に言われて変えた口なんですが、違和感なく打てるようになるまでの期間は3か月ほどでした。

ちょうど冬のオフシーズン期間くらいですね。

変更前より打てなくなったという事は僕の場合はありませんでした。

もし変えてみたいなという方がいれば期間は参考になれば幸いです。

 

まとめ

今回はバッターボックスの優位性について考えてきました。

基本的には左バッターボックスが有利ですが、利き腕や、利き目、好きな方で打ったりと正直考え方や決め方はいろいろあると思います。

色々な方法を考えてしっくり来た打席で打つのが一番いいかと思います。

 

 

 

コメント