バントって何?やり方と特殊なルール!

ルール
Sponsord Links

こんにちはギックスです。

皆さんはバントってもちろんご存知ですよね。

バットをスイングせずに横に構えて軽く当てるだけのあれです。

経験者の方にはかなりなじみのあるプレイで説明不要かと思いますが、先日野球を観戦し始めたばかりの方にバントって何?という質問をされたことがあったので、今回はバントだけの特殊なルールや作戦、やり方を紹介していきたいと思います。

地味ですが奥深いプレイなので興味を持っていただければ幸いです。

 

バントをやる意味は?たくさん種類があるよ!

経験者には今更というものですが、野球を始めたばかりの方たちにとってはバントって不思議な光景ですよね?

なんせバットをスイングせずに構えているだけなのですから、理解できないことも多いと思います。

ではなぜスイングしないでバントをするのでしょうか。

理由はいくつかあります。

・単純にスイングするより当てやすいと言われているから。

・次の塁にランナーを進めたいときスイングするより高い確率で進められるから。

・足の速い選手はバントをすることで相手の意表を突き塁に出ることができるから。

などなど様々な理由があります。

試合をより有利に進めるために大事な作戦と言えます。

バントの種類もいくつかあります。

・犠牲バント→ゴロを転がすことで自分は塁に出られないがランナーを次の塁に進めることができる。

・セーフティ(ドラッグ)バント→野手の意表を突き自分が塁に出ようというバント。

・スクイズ→三塁ランナーをホームに返すための作戦。打者はどんなコースでもバットに当てる努力をしなければならない。

上記の3点がバントの基本の種類です。

基本的にはアウト一つを犠牲にして次の塁にランナーを進めることが目的のプレーです。

バントには特殊なルールが?メリットとデメリット。

バントにはただスイング時と違いルールが違うところがあります。

例えばストライク以降打者はスイングでどれだけファールゾーンに打っても三振にはなりませんよね。

バントはそれとは違い2ストライク以降バントを失敗してファールゾーンにボールが転がってしまうとその時点で三振になってしまいます。

スイングよりバントの方がバットにボールを当てやすいと言われていますが、何回もファールを打てないというデメリットもあります。

2ストライク以降のバント失敗のことをスリーバントと言います。

スリーバント失敗!という言葉を実況の方が言っているシーンを見たことがあると思いますが、少しリスクの高い作戦になります。

同じプレーなのにストライクカウントが違うだけでリスクが一気に変わってくるのは野球のルールの面白いところであり、醍醐味とも言えますね。

次にちょっと変わったルールとしては、バントが成功して無事ランナーを次に進めた場合、打者はアウトになっても打率が下がりません。

ただ成功しても打率が上がるという訳ではないですが。

もちろんランナーは次の塁に、自分も出塁できたという事であればヒットを打った時と同じく打率も上がります。

この辺りは少し特殊な打撃成績のつけ方という事で、まずはそこまで気にしなくてもよいところではあります。

まとめ

今回はバントについてのルールなどを紹介しました。

日本の野球を見ているとこのバントを使った作戦やプレーが1試合見ている中でもかなりたくさん出てきます。

ホームランや三振など派手なプレーばかりが目立つ中地味ではありますがゲームの勝敗を分ける重要なプレーの一つになってきます。

逆にメジャーリーグではほとんど見ることのないプレーです。

価値観の違いではありますが、アウト一つ与えて次の塁をとるよりも、長打で点取った方が確立高いじゃん?という価値観があるのではないかと思います。

プレー一つでその国の価値観もわかったり、少し変わったプレーの一つですよね?

試合を見ているとバントを絡めた特殊な作戦やルールが出てくるので、ぜひ注意してみてみてください。より野球が面白くなると思います。

 

 

コメント