夏の甲子園2019秋田県大会の優勝候補を予想!注目の選手を戦力分析!

高校野球2019
Sponsord Links
スポンサーリンク

GWも終わり気温もようやく良好になってきましたね。

野球ファンにとっては最も楽しみにしているイベントの一つ。

夏の甲子園大会が近づいてきています。

春の選抜高校野球や、高校野球の日本代表の大会も見どころがありますが、やっぱり高校野球と言えば夏の甲子園が一番盛り上がる大会です。

高校球児は負けたら引退という最後の大会ですので、一人ひとりかける思いも大きい大会です。

今年の夏の甲子園は第101回目、そして新元号『令和』になって初の甲子園です。

夏の甲子園本戦ももちろん楽しみですが、全国の各地で出場校を決定する予選が行われます。

2019年8月6日(火)が第101回目の夏の甲子園の開幕戦日となっていますが、その前に各地の優勝候補や注目の選手を確認していきたいと思います。

 

今回は秋田県大会の優勝候補予想と注目の選手をチェックしていきたいと思います。

 

Sponsored Links

 

スポンサーリンク

秋田県大会の日程は?

まずは夏の甲子園秋田県大会の日程をチェックしていきます。

日程は以下の通り。

 

開幕:7月10日(水)

決勝戦:7月20日(土)

 

 

秋田県大会昨秋と今春の上位進出校は?

 

新チーム発足後行われた昨秋と今春に行われた秋田県大会の結果から夏の甲子園秋田県大会の優勝候補、上位進出校を予想していきたいと思います。

 

昨秋の秋田県大会の結果は?

 

まずは昨秋の秋田県大会の結果を見てきましょう。

 

優勝:秋田修英

準優勝:横手

3位:秋田商

4位:秋田

続いて決勝と3位決定戦の得点を見ていきます。

 

決勝

秋田修英8-1横手

3位決定戦

秋田商4-3秋田

優勝は秋田修英高校。

秋田県大会は決勝でも大差での勝利を収めました。

続く東北大会では秋田修英は初出場ながら2回戦をコールド勝ちし、見事東北大会初勝利を手にしました。

 

今春の秋田県大会の結果は?

続いて直近の公式戦である春の秋田県大会の結果を見ていきます。

 

優勝:明桜

準優勝:能代

3位:秋田中央

4位:湯沢翔北

 

続いてスコアの確認です。

決勝

明桜6-3能代

3位決定戦

秋田中央5-4湯沢翔北

 

優勝は明桜高校。

秋の上位進出校とはゴロっとメンツが変わりました。

秋と春の県大会を見る限りでは戦力的には秋田県は拮抗している様子がうかがえます。

 

秋田県大会2019注目の選手は?

昨年の秋田県と言えば吉田輝星(日ハム)擁する金足農業が夏の甲子園でも大いに旋風を巻き起こし話題になりました。

昨年の吉田選手のような選手は出てくるのか楽しみです。

まず投手で注目を集めているのが秋優勝校の秋田修英のエース西岡海斗投手。

決して大柄ではありませんが左から140キロの速球と多彩な変化球が武器の好投手です。

続いて秋準優勝した横手からはエース原陸・2年渡辺巧真の両投手。

両投手とも180㎝を超える長身から投げ下ろす球の切れ味が持ち味とのこと。

続いて打者に目を向けると県大会で上位進出こそならなかったものの能代松陽の成田涼介選手。

昨年夏にも準決勝でホームランを放つなど長打力は秋田随一。

注目されている投手以外にも昨年の吉田選手のようにドラマになる投手が現れると見ごたえがありますね。

 

優勝候補予想と戦力分析/まとめ

今回は夏の甲子園秋田県大会の優勝候補と注目選手の戦力分析という事で春秋の上位進出校のチェックと注目選手をメインに戦力分析を行ってきました。

今年の秋田県大会は各高校の戦力に大きな差がなく、どこが上位進出してくるか予想が難しいですが、秋の大会で東北大会初出場初勝利を収めた秋田修英を優勝候補に挙げたいと思います。

秋に勝ち上がった戦力はもちろん好投手西岡投手のピッチングで上位進出を狙って欲しいところです。

 

Sponsord Links
スポンサーリンク
高校野球2019
gixをフォローする
gix'sblog

コメント