8時だJの視聴率は?見逃し再放送や配信はある?ファンの反応や感想も

ジャニーズ
Sponsord Links

8時だJという番組をご存知でしょうか?

ジャニーズファンなら知っている方も多いかと思います。

8時だJは1998年~1999年にテレビ朝日で放送されていたジャニーズjrがメインのバラエティ番組です。

当時の出演者は、嵐・関ジャニ∞・滝沢秀明・今井翼・山下智久・生田斗真・風間俊介。

といった今では皆さん一度は聞いたことがあるそうそうたる顔ぶれの出演陣です。

この出演陣に加え、司会はヒロミさんという事で今でもジャニーズのバラエティ番組などでは当時のエピソードを聞いたりすることも少なくありません。

そんな番組が当時のリーダー格タッキーこと、滝沢秀明さんが引退するという事で一夜限りで集結するという事です。

そんな〖8時だJ〗のSPについて今回は情報をまとめていきたいと思います。

Sponsored Links

 

8時だJの放送時間や視聴率は?

まずは今回の8時だJの大同窓会の放送日と時間をまとめていきたいと思います。

放送日:2018年12月29日(土)

放送時間:20:54~22:30

テレビ朝日系列での放送となります。

『番組概要』

番組では、『8時だJ』からの貴重なアーカイブ映像の数々をクイズ形式でプレイバック。“超天然ポンコツキャラであらゆることに失敗していたのは誰?”、“とにかく爪痕を残そうとムダに声を上げ、カットインを連発していたのは誰?”、“めちゃくちゃ高音の原曲キーのまま『もののけ姫』を歌い上げた、かわいすぎるメンバーは?”など当時のエピソードにまつわるクイズで、彼らがジャニーズJr.時代のことをどれだけ覚えているのかを確かめていく。

また、テレビ朝日の人気バラエティ『あいつ今何してる?』さながらのコーナーも登場する。こちらのコーナーでは、一人ひとりとの事前打ち合わせで当時のメンバーに対して“ずっと気になっていたこと”、“この際だからハッキリさせたいこと”などをインタビューし、そのVTRをスタジオで公開。「今だから言えるけど、妬み僻み嫉みで、当時○○を大嫌いだった」「当時ある事件を起こしてしまい、20年ずっとその十字架を背負ってきた……」「今だから○○に本気で謝りたい…」など、意外な本音や秘話の紹介と共に20年目の“答え合わせ”が行なわれる。

 

・・・という事で出だしで紹介したメンバーが集まるというだけで興味が沸きます。

これは絶対楽しい!!

 

ちなみに当時と現在の比較写真がこちら・・・

 

ヒロミさん若いっ!!(笑)

他のメンバーもみんな本当に子供時代の番組だったので感慨深いものがあるのでは

ないかと思います。

 

 

 

当然視聴率も気になるところですがこちらは分かり次第追記したいと思います。

今回は比較対象として当時の平均視聴率を調べてみました。

各回の視聴率は調べられませんでしたが、平均で9,2%程度という事でした。

これはその当時のゴールデンでの番組が平均10%そこそこだったという事を考えると若干低い視聴率だったという事が分かります。

むしろ大人になりメンバーがそれぞれ活躍している現在の方が動画検索サイト等で調べられていそうですよね。

当日の世間の反応にも注目したいところです。

 

見逃し再放送や配信はある?

 

まだ放送もしていないのであれですが、やっぱり見逃した際の再放送や配信があるかは気になりますよね。

まだその予定はないようですので気になる方は録画をしっかりしておくことをお勧めします。

僕は男ですが当時のメンバーの姿が気になって調査してみました。

次から次へとほかの動画も見たくなりますね(笑)

8時だJの再放送や配信はなくともこうした詰め合わせを誰かがyoutubuで上げるのを待つのも手かもしれませんね。

 

ファンの反応や感想は?

8時だJが一夜限りの放送となってジャニーズファンの中では早いうちから話題になっているようです。

関連ニュース記事もそうですが多くのブロガーさん達の記事や、twitterでも注目度の高さと反応の良さがうかがえます。

 

・ファンじゃないけどタッキーがTVで見られなくらるのがさみしい。

・jrの頃から知っているメンバーばかりだから余計面白そう。

・メンバー同士の子供の頃からの関係性が興味深い。

などなど、ジャニーズファンでなくても興味を持っている人が多いのは大人になる過程で得たものかもしれません。

 

まとめ

今回は8時だJの視聴率や見逃し再放送や配信、ファンの方の反応や感想などをまとめました。

老若男女問わず人気があり活躍しているジャニーズのエピソードや、それぞれのメンバーの関係性など見ごたえのある内容になりそうで楽しみですね。

 

 

コメント