桐蔭学園野球部2019のスタメンを紹介!プロ注目の選手も!

春の甲子園2019
Sponsord Links
スポンサーリンク

2019年3月29日から春の甲子園が開催されます。

出場高校の選考委員会は2019年1月25日という事で、大会も出場高校の発表もまだ先ですが、待ち遠しいので各地区の秋季大会で優勝し、春の甲子園出場が倒当確しているチームを調べていきたいと思います。

今回は桐蔭学園高校野球部2019のメンバーやスターティングラインナップ、プロ注目の選手を紹介したいと思います。

桐蔭学園高校は10月に山梨県にて開催された関東大会で24年ぶりの優勝を果たしました。

 

桐蔭学園出身のプロ野球選手と言えば今シーズンまで読売巨人軍の監督を務めた高橋由伸(高橋由伸)監督が有名ですよね。

そんなプロ野球選手も多数輩出した実績のある桐蔭学園野球部の2019のメンバーを確認していきましょう。

スポンサーリンク

桐蔭学園高校野球部2019のメンバーは?

桐蔭学園高校野球部2019のメンバー以下の通りです。

名門の揃う関東大会で1回戦から強豪常総を下してそのまま優勝しました。

桐蔭学園高校は15年ぶりの甲子園出場が当確という事で久々の甲子園の舞台で大いに活躍してほしいです。

 

背番号 選手 守備 学年 中学 投/打 身長/体重
1 長谷川颯 投手 2年生 東京神宮リトルシニア 右/右 184/80
2 清水聖 捕手 2年生 桐蔭学園中 右/右 172/72
3 上川航平 内野手 2年生 藤沢リトルシニア 右/右 175/76
4 山本慎太朗 内野手 2年生 尾張ボーイズ 右/左 173/66
5 川久保瞭太 内野手 1年生 八王子ボーイズ 右/右 170/65
6 森敬斗 内野手 2年生 島田ボーイズ 右/左 175/68
7 文珠玄基 外野手 1年生 湘南ボーイズ 右/右 174/64
8 冨田健悟 外野手 1年生 新宿リトルシニア 右/右 172/65
9 馬場愛己 外野手 2年生 狭山西武ボーイズ 右/左 175/75
10 山崎駿 投手 2年生 瑞穂リトルシニア 右/右 179/77
11 伊禮海斗 投手 2年生 町田リトルシニア 左/左 174/64
12 愛谷俊人 捕手 2年生 世田谷南ボーイズ 右/右 174/73
13 大谷部龍亜 内野手 2年生 狭山西武ボーイズ 右/右 179/70
15 石原颯 内野手 2年生 相模ボーイズ 右/左 165/56
16 石島功大 外野手 2年生 埼玉杉戸ボーイズ 右/左 181/72
17 鈴木啓悟 投手 2年生 桐蔭学園中 左/左 173/64
18 渡部慎之介 投手 2年生 狭山西武ボーイズ 左/左 185/80

 

桐蔭学園野球部の直近のスタメンは?

桐蔭学園高校2019のスタメンは以下の通り、明治神宮大会時のものです。

3番の森を中心とした勝負強い打線が持ち味のチームです。

実際関東大会でも打ち勝った試合、逆転勝利した試合も多く強豪相手にも打ち負けていないで線が印象的です。

打順 守備 名前 学年 出身中学・出身高校
1 馬場愛己 2年生 狭山西武ボーイズ – 桐蔭学園
2 冨田健悟 1年生 新宿リトルシニア – MCYSA全米選手権大会日本代表 – 桐蔭学園
3 森敬斗 2年生 島田ボーイズ – 鶴岡一人記念大会中日本ブロック – 桐蔭学園
4 上川航平 2年生 藤沢リトルシニア – 桐蔭学園
5 川久保瞭太 1年生 八王子ボーイズ – 桐蔭学園
6 清水聖 2年生 桐蔭学園中 – 桐蔭学園
7 石島功大 2年生 埼玉杉戸ボーイズ – 桐蔭学園
8 伊禮海斗 2年生 白真少年野球部 – 町田リトルシニア – 桐蔭学園
9 山本慎太朗 2年生 尾張ボーイズ – 桐蔭学園

桐蔭学園野球部2019の注目選手は?

秋季大会で打線が強力だった桐蔭学園ですが、今回は打線の中心である森選手と投手陣の中心である伊礼選手の紹介をしたいと思います。

背番号6:森敬斗

桐蔭学園高校の大先輩である高橋由伸2世との呼び声も高い選手で、走攻守揃った選手として注目を集めています。特に関東大会では一回戦、常総学院戦で逆転サヨナラ満塁弾。決勝戦の春日部共栄戦では初回に2ラン、同点の6回には3ランを放つなど大暴れ。

遠投120メートルの強肩、5秒8の俊足という身体能力の高さもあります。

高校通算本塁打は6発という事ですが短期間に3本の本塁打を放った事でこれからプロからも注目を浴びる選手になるかもしれません。

是非春の甲子園でも活躍してほしいです。

「森敬斗」の画像検索結果

 

背番号1:伊礼海斗

続いては関東大会でエースとしてフル回転した伊礼海斗投手。

関東大会では公式戦初完投など結果を残しました。

球速はさほどないですが各コーナーにスライダー、緩急のあるカーブを決めインステップで角度をつけながら投げていくスタイルが持ち味です。

チーム内での投手陣の競争も激しいようですが甲子園でもその姿を見せて欲しいです。

 

 

まとめ

今回は桐蔭学園高校野球部2019のスタメンやプロ注目の選手の紹介をしました。

激戦区関東大会を勝ち抜いた勝負強い打線を軸に15年ぶりの甲子園でも活躍を期待したいところで鵜す。

 

春の甲子園関連記事一覧はこちらから

 

選抜高校野球2019注目投手はこちら

Sponsord Links
スポンサーリンク
春の甲子園2019
gixをフォローする
gix'sblog

コメント